© river side studio

pedal

濃霧

俺の八月

ロンリーロンリー

釣りに行こうよ

pedal

 

words:小泉龍磨

songs:橋本悠作

 

夜明け前の  滅んだ異世界  街灯のあくび

澄んだ空気  淀んだ煙を 混ぜ込んで溶かす

 

泣き言を言う きしむ自転車  ユラユラと走る

 

 

猛スピードで  視界から消えた  小太りトラック

赤信号  嫌味が得意で 誇らしく灯る

 

始まる合図 小さな覚悟 握りしめた鍵

 

気づかなくても良いことに

気付いては黙り込んで下向く

気付かなきゃいけない事に

目をそらし逃げ続ける

 

 

朝を待てず  フラフラと歩く 気ままなノラ猫

イヤホンから流れ込んでくる

ユートピアを見た

 

ボサボサ寝癖 心無い目を  仮面で隠して

 

暖かすぎる温室は

身体を少しづつ腐らせてく

興味の無い会話達を

聞き流し また腐る

 

 

欠伸をする草花 朝日に応え出す

優しい風が胸の奥  吹き抜け目覚める

 

 

日向のレール  心地よくて

イヤホンから  全て呑み込んでいく

ユートピアを追う

 

始まった合図  小さな覚悟で こじ開ける扉

 

気づかなくてもいい事に

気づいたら世界は変わり始め

気付かなきゃいけない事と

目を合わせ 重いペダル漕いでいく

濃霧

 

words:小泉龍磨

songs:橋本悠作

 

灰色の表情で   虹色の明日を見る

戦場の上   負ければ夜明けを待たず

ハイエナの餌になってる

 

力んだ人差し指  高鳴る心拍音

流れる冷や汗  震える視界の中

ピエロが横目で見ている

 

生死の分かれ目   駆け抜け続けてる

数えた傷痕 忘れた

善悪さえすら 見出せなくなって

誰かの叫び声 消えてく

 

 

押し寄せてくる疲労   限られてる弾数

乾いた喉と 折れかけている心を

引きづり 止まらず駆けてく

 

 

今まで築いた    安全な場所さえ

気付いたら  血だまりの生簀

奪い合い 嘆き 散りゆく鼓動達

誰かの助け声 消えてく

 

 

 

優しい記憶逃げる

good-by  goodnight  see you letter

血まみれの手なら 洗い流し

新たな時を刻んでく

 

 

無情すぎる青い空   落として悔やむ希望

戻れない道   流れた涙は乾き

それでもひたすら走る

 

生死の分かれ目  駆け抜け続けてる

数えた傷痕 忘れた

善悪さえすら 見出せなくなって

自分の叫び声 消えてく

紡ぐ未来

俺の八月

 

words:小泉龍磨

songs:橋本悠作

 

今日もまた 変わらぬ景色

満員の電車にも慣れ

来月のお盆休みを楽しみにしている

 

 

夏祭り  カキ氷  花火

カブトムシ   湘南の海

BBQ  渓流釣りに

水着のJK

 

 

ah  それは夢のまた夢

だって 会社今月で辞めます

 

 

ah オレノ八月は 夢の8月

新車のアクセラ買おうしてたのに

 

ah オレノ八月は 夢の8月

二泊三日の 旅行へのチケットはまだ

 

 

 

いつの間に時間は流れ

お昼前  暑さに目覚め

来週のお盆休みは 独りきりで

 

 

山登り  満天の星に

露天風呂  浴衣に着物

真夜中 公園デートで寄り添い合う

 

 

ah それは夢のまた夢

今の俺は何にもありません

 

 

ah オレノ八月は夢の8月

可愛いあの子は連絡が取れず

 

ah オレノ八月は夢の8月

湿ったそよ風 風鈴を軽く揺らす

 

 

心安らぐ夕暮れ海辺

夏の香りだけを 残して景色は通り行く

 

ah 止んだ蝉時雨    冷めた夜風に

うつむく向日葵  落ち着く街灯

 

 

ah 夢の八月は オレノ八月

虹の架け橋   散歩がてら

夢の欠片 拾い集めに行こう

ロンリーロンリー

 

words:金丸拓矢

songs:金丸拓矢

 

誰かに必要とされたい

誰かに嫌われたくない

一人で生きていくのは怖い

ロンリーロンリー

 

街角のシンガーも

風を切るランナーも

きっと誰もが抱えている

ロンリーロンリー

 

泣かないでおくれ

愛しい人よ

訪れる暗闇に

泣かないでおくれ

愛しい人よ

ほら  夜は明けるんだ

 

あぁ  今も青春ごっこの旅を続けている

彷徨って漂って

数えきれない夢  手放した

あぁ  今はこの瞬間を抱きしめたい

答えは風の中  胸を吹き抜け消えてゆく

 

 

 

泣かないでおくれ

愛しい人よ

訪れる暗闇に

泣かないでおくれ

愛しい人よ

ほら  夜は明けたんだ

 

あぁ  今も青春ごっこの旅を続けるのは

限りある日々の中で

確かな光を見つけられたから

あぁ  誰もが胸の中に孤独を抱えながら

風に煽られながら  こうして今を生きている

 

今、あなたを迎えに行く

釣りに行こうよ

 

words:金丸拓矢

songs:金丸拓矢

 

釣りに行こうよ

釣りに行こうよ

今日は休みだ  仕事もない

思いのままに  ふらふらと

 

釣りに行こうよ

釣りに行こうよ

お前の家に迎えに行くよ

好きな曲を聴きながら

 

ゆっくりと昇る太陽

穏やかな静寂

空を見上げては何想う?

Lalala…

 

釣りに行こうよ

釣りに行こうよ

放物線は音を立てて

水の中  沈んで行く

 

繰り返す  時は足早

消えゆくお月様

腐れなく生きていくには

週末を楽しむことさ

 

釣りに行こうよ

釣りに行こうよ

針が振れたら掴み取るんだ

そして笑うんだ

 

釣りに行こうよ

釣りに行こうよ